音を奏でるということ

音がするかしないかは別として、
あらゆるものは音なのだ。

聴こえるか、聴こえないかは
むしろどうでも良いのかも。

音は、周りのものに
反射するし、吸収もされる。
光と同じように。

音は運動を伴ってる。
音は運動、つまり
音はエネルギーだ。

あなたというエネルギーが
どういうエネルギーか、
音を奏でてみれば分かる。


奏でる音が、
あなたなのだ。


だから、
音がするかどうかは別として、
あなたも音なのだ。

0コメント

  • 1000 / 1000